164137

更新情報とコメントレス。
小説のご感想もお寄せください。
   --INDEX--
 
 
  --1075  【コメント返信】 4/3

コリコさま
ほんとにお久しぶりです。また来てくださってありがとうございます。
伯爵家はあの終わり方だったので、確かにもう新作はないと思いますよね…。「月の戦士」という新しい連載を始めた以上、一年はそちらに専念しようという気持ちを込めて、エディに一年休むと言わせたのですが、気分的にも軌道に乗ってきたので、並行して連載することにしました。
クライン王国のように、いくら賢王が善政を敷いても、人間のやることどこかに歪みが出てきます。フランスの歴史を見ると、革命が起きて王政復古して、また…の繰り返し。貴族であると同時に貧しい民衆の味方であるというエドゥアールの抱えている矛盾を、どこかで解決したいと思っていました。
>100%じゃなくても納得できる結末のような気がしています。
そこまで信頼してくださって、本当に感謝します。実は二通りの結末を考えていて、どちらにするか迷っています。いずれにせよエディのことですから、救いのない結末にはならないことは間違いないのですが、あとは筆の赴くまま、キャラたちが動くままを書いてみようと思っています。
次世代、つまりジョエル、シャルル王子、ニコル、エクトルたちとなると、もう私にとっては孫みたいなものですが、どんな話になるのでしょうね。


まぽさま
はじめまして。「なろう」から来てくださって、ありがとうございました。四回も五回も読み返してくださったとは、本当にうれしいです。大好きと言ってくださるのを聞くと、書いてよかったと、報われた気持ちになります。いつまでも長く書き続けられるように、がんばります。応援よろしくお願いします。
ツイッターのほうでも、フォローありがとうございました。


BUTAPENN --2014/04/06(Sun) 22:29


  --1074  【コメント返信】 3/28〜29

靖さま
「月の戦士」のご感想をありがとうございます。最初は異世界FT形式で書き始め、ローマン・ブリテンを舞台とする今の形が固まるまで、かなり迷走した話なので、「細かくストーリーが練られている」と評してくださったこと、本当にうれしいです。ローマについて参考文献を読むたびに、どんどんローマ化している作者でして(笑)、トーガを着始めるのも、もうすぐだと思います。
今後の展開を楽しみにしてくださって、ありがとうございます。次回は実在の人物てんこもりなので、気合を入れなおして書きたいと思っています。


「ご主人さまのお好きなレシピ」に「続きが気になります!わくわく!」とコメをくださった方へ
ご感想をありがとうございます。トランシルヴァニアについて調べつつ、かなりハッタリな部分もあるのですが、とにかく何百年の歴史を生きる種族ですので、このへんは書きたかった部分です。続きを楽しみにしてくださり、ありがとうございます。もとが携帯小説ですので、なかなか進みませんが、どうぞおゆるしください。

「月の戦士」に「はまってます!」とコメをくださった方へ
ありがとうございます。はまってくださっている方がいらっしゃると聞けば、根が単純なので、にょきにょきと書く張り合いが湧いてきます。消費税対策で買い物に走りつつ(笑)、がんばって執筆しますので、楽しみにお待ちください。


BUTAPENN --2014/03/31(Mon) 10:37


  --1073  【コメント返信】3/22〜3/23

「月の戦士」に「急展開でほんとうに続きが待ち遠しくてたまりません!」のコメをくださった方へ
ご感想をありがとうございます。ずいぶんのろのろした展開が続いたので、読者の皆様はさぞ、やきもきしておられたでしょうね。今回はちょうど、レノスが女性である自分を自覚していくスタートラインに立ったところでしょうか。まだまだ先は長いのですが、なるべく早く、次回をお届けできるようにがんばります。

「月の戦士」に「おもしろいです。続きが早く読みたいです!」のコメをくださった方へ
おもしろいとおっしゃってくださって、ありがとうございます。ほのぼのした主従のやりとりもいいのですが、こうやって互いの心情を吐露することも、ふたりの結びつきが強くなるために必要でした。
続きを待っていてくださる方がおられると知るだけで、書こうという意欲が湧いてきます。なるべく早く更新できるようにがんばります。


BUTAPENN --2014/03/23(Sun) 22:02


  --1072  【コメント返信】 3/19

「西野高校文芸部」へコメントをくださった方へ
ご感想をありがとうございました。うちのサイトでも隅っこに生息している小説ですが、こうやって読んでいただけてありがたいです。
もろタイプでしたか。私自身は、受験校で高校生活があまり楽しくなかったのですが、こんな部活があればよかっただろうなと思います。1年生のころの話が読んでみたいとのリク、いつとはお約束できませんが、かなえたいなと思います。
ありがとうございました!


BUTAPENN --2014/03/20(Thu) 23:35


  --1071  【コメント返信】 3/15

ななさんへ
「夜叉往来」の読了ありがとうございました。番外編までお読みくださったのですね。あの夜叉往来版「ドン・ジョバンニ」は、かなり苦労した覚えがあります。ちなみに、別の小説ですが「オペラ座の怪人」もありますよ。
小説というのは、どんなものでも登場人物の成長が書かれていなければならないと勝手に思っています。だから、そのへんを読み取ってくださって、とてもうれしいです。

さて、ご質問の「十年前の創作」に関してですが、自分のイラストに関しては数か月単位でどんどん絵柄が変わり、古いものは下手だと思ってしまうのですが、小説に関しては、そこまでは感じません。もちろん、文章や構成など「こう書いたらもっと良いのに」と思う部分はたくさんあるのですが、むしろ書きたいことに対するパワーや熱意みたいなものは、昔の小説のほうが感じるときもあります。自分の書いたものというよりは「一読者」として読んでしまっていますね。


BUTAPENN --2014/03/18(Tue) 09:17


  --1070  【コメント返信】 2/9

Beiさま
Beiさん、本当にお久しぶりです、よく来てくださいました。
魔王ゼファー、お楽しみいただけてよかったです。ウェブ拍手は続きを書けたときに設置しようと思っていたので、わざわざトップページのひとことメールを使わせてしまい、すみませんでした。
>毎日を丁寧に
このおことばが、なるほどと思いました。ゼファーは言葉づかいも、毎日の所作ふるまいも、とても丁寧で手を抜かない生き方をしていますね。記憶を失ったときのゼファーの言動が、普通なのでしょう。
今回、「ヴァレンタインの景色」が十年前ということで、思いついたお話です。こういう他愛のないお話を楽しんでくださるなんて、昔からの読者さまは本当にありがたいです。
セフィロトもEWENも、このところまったく書いていません。聖も今年で、雪羽と同じ四年生になるのですが。そろそろ円香たちも書いてあげたいですね。
私こそ、このサイトを開いている12年間、たくさんの読者さまに力をいただいてきました。これからも変わらずにここにいるつもりですので、どうぞよろしくお願いします。


ゼダ好きさま
「新ティトス戦記」をお読みくださって、ありがとうございます。ゼダの一族を好きになってくださり、ありがたいです。ルギドにとって、一番近しい大切な存在です。ゼダはちょっと悲しい死に方をしてしまったので、どうしても、彼の子孫の元気な姿を書いてあげたくなりました。面白かったとおっしゃってくださり、励まされました。ありがとうございました!


BUTAPENN --2014/02/11(Tue) 21:28


Page : 0 / 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 /
No. Pass :


MOMO'S WEB DESIGN
mo_hello Ver2.00