BACK | TOP | HOME





No. 2  タイマッサージの至福

  4年近く、タイのバンコクで暮らしたことがある。
  その当時はまだ、アジアの経済危機も起きておらず、高度成長を享受するタイ各地には、
  日本人の駐在員たちがあふれていた。
  その駐在員たちが、こぞってハマっていたのが、タイマッサージだった。
  うちの主人の代表的な休日のメニューは、猛暑の昼間を避けて朝5時に起き、近郊の
  ゴルフ場でワンラウンドし、ゆっくりとビールで喉を潤してから、その後タイマッサージと
  いうものだった(あなた、そりゃ天国でしょ)。
  タイマッサージのことを、タイ語で「ヌアット」と言う。マッサージのお店は、「ラーンヌアット」。
  バンコクのあちこちに、たくさんのラーンヌアットがある。
  店に入ると、たくさんの女の子が待機しているので、上手な子を指名する。(誤解を受けない
  ように先に言っておくが、決していかがわしいところではない。女性もたくさん行っている。)
  カーテンで仕切られた部屋に寝転ぶと、女の子が合掌して(合掌のポーズはタイの日常
  挨拶だ)、足の裏からゆっくり丁寧にもみほぐしてゆく。
  1コース1時間半。それで300バーツ(日本円にして1000円程度。タイ人御用達の店だと
  100バーツだと聞いた)。延長もできる。
  何を隠そう、私はこのタイマッサージを習ったことがある。
  タイマッサージの総本山は、「ワットポー」という、バンコク中心部の金ぴかの巨大な寝仏で
  有名な寺院の一角にある。私はその総本山で修行した先生から、出張教授してもらった。
  全10回コースだから、たいしたことはないのだが。
  至福のマッサージという禁断の木の実を食べてしまった駐在員は、帰国後それこそ禁断症状
  に苦しむ。その駐在員妻たちにマッサージを伝授することを思いついた彼らは、商売がうまい。
  指や手のひら、肘や膝を使って、骨や筋肉のスジに沿って時間をかけて丁寧に押してゆく。
  痛い部分もあるが気にしてはいけない。タイのマッサージは中国の指圧のように、対応した
  一点のツボを押すものではない。気の流れを線で捉えることにより、からだ全体の調子を
  良くしようという考え方だ。
  しかも、足に重点を置く。1時間半のフルコースのうち、1時間をたっぷり足にかける。
  また、プロレスの海老固めのようなアクロバティックなもみ方も、ヌアットの特徴だ。もともと、
  ヨガのポーズが始まりだったらしい。ワットポーの境内には、ヨガをしている人をもう1人が
  補助している格好の彫像が並んでいる。
  だから、フルコースを終えると、もむほうは汗だくになってしまう。とても私には職業として
  続ける体力はない。
  働き者の多いタイの女性たちだからこそ、こんな職業が成り立つのだろう。
  ところで日本に帰って以来、わが主人は夜毎、「おくさ〜ん。足もんでぇ。」と甘えた声で言う。
  「……。」と、私は黙殺する。
  主人のために汗をかく気などさらさらない、愛情の薄い私である。
  何のために習ってきたんだろうねえ。

  ところで、これからタイに観光に行く人にひとこと。オプショナルツアーでよく「タイマッサージ
  コース」を見かけるが、料金は送迎込みでかなり高い。できれば現地の日本人の行く
  お店に直接行くことをお勧めする。結構日本語が通じる。
 
   


Copyright (c) 2002 BUTAPENN.

NEXT | TOP | HOME