2012年3月21日

結婚おめでとう!

423800_2913403437520_1333706988_32309305_381155437_n.jpg

先の日曜は、私の行っている教会で結婚式がありました。

普通、教会では日曜は礼拝があるため、結婚式はしないのですが、新郎が教会の主事ということもあって、たくさんの方が負担なく参列できるように、日曜の午後という時間になりました。

参列者は百五十人くらいで、金はあまりない(笑)というか、かけない。
ウェディングドレスはネットでオーダーし、食事は手作りのちらし寿司、ウェディングケーキも、ティーパーティのクッキーも、有志の手作りです。
私もクッキー二百個は焼いたかな。そのうち一割は、味見と称して自分のおなかに納まりましたが(笑)。

おごそかな誓約の式のあとは祝辞とお祝いの出し物の時間。
子どもたちは歌をプレゼントし、中高生たちは「カナの結婚式」の寸劇を。友人代表もそれぞれ、ギターやウクレレの演奏で祝いました。
で、笑った笑った。横隔膜がけいれんを起こす寸前、結婚式はこれほど笑うものかというくらい笑いました。

決して彼らのたどってきた人生の道のりは、平坦なものではありませんでした。その苦しみを知っているからこそ、笑えることが何よりも尊い。
結婚はハッピーエンドではありません。これからの人生にも谷底のときは来るでしょう。
けれど、新郎新婦の信じている神が二人三脚で歩んで下さるかぎり、いさかいも試練も、すべては人生の祝福になることでしょう。

私は奏楽担当でした。
423616_2913435878331_1333706988_32309448_543718564_n.jpg
(Sちゃん、フェイスブックの写真、無断でお借りしました)


で、山仙さんからクッキーの写真をブログにアップしてとリクがあったので、探したのですが、いいのが見つかりません。
しかたなく、一番簡単なのを焼いて、また写真に撮りました。これはおそらく百%、私のおなかに入ります。
201203211136000.jpg

参考レシピ:
ロイホのチョコバナナクッキー?!
http://cookpad.com/recipe/794988

web拍手

2012年3月 5日

セビリアの理髪師

ひゃあ、一月は去る、二月は逃げるとはよく言ったもので、このブログも二月にまったく何も書かないまま、三月になってしまいました。本当は、アルファポリスの恋愛小説大賞も応援したかったのですが、もうしわけないです。

気を取り直して、こちらもちょくちょく更新したいと思います。
久しぶりの記事は、きのう兵庫芸術文化センターで見た「錦織健プロデュース・オペラVol.5 セビリアの理髪師」です。

錦織健プロデュース・オペラは、前回はドニゼッティの「愛の妙薬」を見たのですが、けっこう私は彼のテノールが好きになってしまいました。コミカルな中にも情熱や悲哀を感じさせてくれる演技で、思わず涙ぐんでしまった覚えがあります。
錦織はアルマヴィーヴァ伯爵を演じ、彼の恋するロジーナは森麻季、理髪師兼なんでも屋のフィガロは堀内 康雄、ロジーナの後見人の医者バルトロを志村 文彦、音楽教師ドン・バジリオを池田 直樹という個性豊かな中年おじさま(笑)が脇を固めていました。

あらすじは、ロジーナにひとめぼれしてしまった伯爵が、彼女に求婚しようとやってきたのに、ロジーナの後見人バルトロに、ことごとく邪魔をされる。実はバルトロも彼女に惚れているらしい。伯爵はなんでも屋のフィガロを雇って、あの手この手で彼女の家に忍び込もうとするが、音楽教師ドン・バジリオや軍隊がからんで大騒ぎ。しかも、伯爵が身分を隠して偽名を使っているものだから、話はさらにややこしくなり…というドタバタ喜劇。
ロジーナは、決して待つだけの古風な女ではなく気の強い現代っ子。そのアクの強い役柄は、森麻季にぴったりだと思いました。
オペラ歌曲を習っている旦那さまが一生かかっても歌えるようにならないだろうという、すさまじい早口のイタリア語の歌曲の数々。コミカルな演技とあいまって、三時間近い舞台も飽きさせません。

実は恥をさらすようですが、私は「セビリアの理髪師」を長い間モーツァルトの作品だと思っていました。ロッシーニ作曲とは知りませんでした。
「フィガロの結婚」と同じ登場人物が出てくるのが原因です。実はこの二作は、もともと18世紀後半にカロン・ド・ボーマルシェの書いた「フィガロ三部作」のうちのふたつなのだそうです。
そのうち「フィガロの結婚」をモーツァルトが1786年にオペラ化、「セビリアの理髪師」はロッシーニにより1816年に初演されました。

時系列的に見るならば、「セビリアの理髪師」が先で、「フィガロの結婚」が後日談になります。これほど熱烈な恋で結ばれたアルマヴィーヴァ伯爵とロジーナですが、「フィガロの結婚」では、伯爵が起こした小間使いへの浮気心に、妻となったロジーナが悩まされ、バルトロはロジーナを取られた昔の恨みを晴らそうとし、ドン・バジリオは伯爵側についている…なんと、人間の心のうつろいやすいことでしょう。こちらを先に見たほうが、より「フィガロの結婚」を楽しめそうです。いや、幻滅するかも。結婚は決してハッピーエンドではありませぬ。

ちなみに、ボーマルシェの戯曲「フィガロ三部作」の第三作「罪ある母」では、彼らのその後はどうなったかというと、伯爵夫人ロジーナが「フィガロの結婚」で小姓役だったケルビーノと一度きりのあやまちを犯し、その不義の子を伯爵の子として育てているということらしいです。えー、ますます泥沼化の様相…。

錦織健プロデュース・オペラVol.5 「セビリアの理髪師」は、これから西日本、東京など4月初めまで全国で公演されます。
情報サイトはこちら

web拍手
1