2012年5月17日

スイーツ・プリーズ

 目覚まし代わりのラジオが鳴った。
「想定外の……」
 最悪の可能性から目を背けるなんて、ダチョウと同じ。……それは私もか。
 冷蔵庫に入っていた残りのチーズケーキを手づかみで食べる。

 近所の奥さんたちのティータイム。
「一年分買っちゃった……」
 買いだめも風評被害も、自分の頭で考えないから起こるのよね。
 でも、考え過ぎると気分が悪くなる。思わずプリンとアップルパイを追加注文。

 新聞の見出しが目に入る。
「積算量は……」
 データがないからって過去は無視するのね。
 じゃあ、昨日空にした饅頭のカロリーも積算しなくて良いんだ。

 耳が勝手にテレビの音声を拾う。
「パニックを避けるため……」
 男の隠しごとって、言い訳はいつもこれ。要するに騙したんでしょ。
 チョコレートを衝動買いする。

 パソコン画面に文字が踊る。
「濃縮・蓄積はほとんどなく……」
 コンセントを抜いた。
 甘い。甘すぎ。高濃度の甘さは、もううんざりよ。
 私は変わる。
 
 不要な過去を全部消した携帯に、着信が一通。
「現地はまだまだ大変だ……」
 こんな時だからこそと、危険を顧みずに出かけたあの人。
 無事に帰って来てね。今度は素直に食べられてあげるから。

--------------------------------------------------------------
第105回タイトル競作参加作品です。会場はこちら(スイーツ・プリーズ5)

web拍手