2012年10月24日

40日ぶりの更新です

本日、「魔王ゼファー」の短編を更新しましたが、前回の更新が9月13日だということで、40日あまりのご無沙汰となってしまいました。
サイトをほっぽりだして、本当にすみません。ひそかに心配されていた方もいるようで、近況報告くらいしておけばよかったです。

とは言え、サイト放置の理由が自分でもよくわからないのです。数年前なら、どんなに忙しくても更新は欠かさなかったと思うのですが、年ごとに、心身ともに頑張りが利かなくなってきたのかもしれませんね。

いまさら言い訳を連ねてもしょうがないのですが、まず9月に入ってから体調不良がありました。
残暑の中、更年期のホットフラッシュが一気に来て、とうとう産婦人科へ行って、ホルモン補充療法を始めました。それが効いたのか、それとも涼しくなったせいか、今はだいぶマシです。

あとは実家の父が、9月の半ばの夜中に緊急入院して、十日ほど入院していました。原因は認知症特有の誤嚥性肺炎。「プラットホーム」でミチコさんが患った、あの病気です。
父の誤嚥性肺炎はこれで二度目で、そのときの体験からあの話を書いたわけですが、さすがにミチコさんが亡くなった結末を書いてしまったことを、これほど後悔したことはありません。
幸い、健康を取り戻して退院できたのですが、また誤嚥の危険があるということで、通常の食事ではなく、レトルトのとろみ食や刻み食を食べています。今は、レトルトや冷凍の介護用メニューも豊富に出回っていて(それこそ、ヴァルの相模弁当でも開発中ですし。笑)、バラエティに富んでいて、しかも美味しくて、助かります。

「オンライン文化祭」に参加する二作と「OPP」に提出する二作品もそれぞれ脱稿していて、あとは開催まで推敲を重ねる日々になります。

あー。やっぱり、言い訳になってしまった。でも、ようやく、自サイトの作品に取り掛かる心の余裕ができてきました。
これからは、通常営業に戻れると思いますので、どうぞまた、ちょくちょく覗いてやってください。
11月になると、「オンライン文化祭」、12月からは「OPP」で、また賑やかな日々が始まると思います。

あ、それから、アルファポリスの「青春小説大賞」に「プラットホーム」で参加することにしました。自分へのカツを入れるつもりで行ってきます。

web拍手