2013年3月25日

チェルノブイリの翻訳が公表されました

日本学術会議より、「チェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復:20年の記録」が今朝公表されました。
2011年の原発事故直後に立ち上がった翻訳プロジェクトで、山仙さんも末端で関わっておられたため、当ブログでも翻訳ボランティアの呼びかけを行い、ここからお手伝いに応募してくださった方もおられました。

あれから二年、膨大な翻訳が、とうとう形になったのですね。
森林の放射能汚染や、放射性プルームや、汚染が降雨に左右されることなど、知っていたら有益な情報が、ここにはたくさんありました。
今からでも決して遅くはありませんが、それでも、もし前もってこれが翻訳され、多くの人の目に触れていたら、事故後の対応は少しは変わっていたでしょうか。

ともあれ、たくさんの方々の労苦が実ったことをお祝いしたいと思います。
山仙さんも、どうもお疲れ様でした。

お読みになりたい方は、次の手順で手に入れてください。

日本学術会議のHP
トップニュース
「チェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復:20年の記録を公表いたしました。(平成25年3月25日) → 本文はこちら」
から入る。

日本学術会議「記録」のページに入り、第三部2013-03-25 「原発事故による環境汚染調査に関する検討小委員会 チェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復:20年の記録」


いずれも、PDF形式です。

web拍手
1