2014年2月 3日

ブログが書けない

ブログが滞っていて、本当に申し訳ないです。

ときどき、昔(と言っても、ほんの二、三年前のこと)のブログ記事を読み返すのですが、よくもあれだけ、細かい身辺のことを取り上げて、いろいろ書いていたなあ、と驚きます。
花が咲いたと言っては書き、体重が減ったと言っては書き、オペラや音楽会を見に行ったと言っては書き。
今の私には、なぜか自分の近況を書きたいという気持ちが起こらないのです。何か特別なことがあったら筆を取る気になると思うのですが、花が咲いても、体重が増えても(おい)、オペラや音楽会に行っても、記事に起こす気にならない。
ツイッターも他の人のツイートを読んで、そっと閉じるだけ。

かと言って、毎日がつらいわけじゃない。
充実しているし、健康だし、やさしい人たちに囲まれているし、小説もゆっくりですが書きたい気持ちはいっぱいあるし。こんな小説でも読んでくれて、面白いと言ってくれる人がいる。幸せです。
それでも、今の私には、自分の近況や、自分の考えたことや、何か新しい話題を発信する言葉が出てこない。すごく、すごくしょうもないことに思えてしまう。

本当に、どうしたんでしょう。年のせいですかねえ。

web拍手

コメント

>糸絵さま
ありがとうございます。その待ちきれない思いが伝わったのか、今日「月の戦士」を更新しました。本当に伝わったのだと思います。
「伯爵家」まで読んでくださったとはうれしいです。全部読むと、長かったでしょう?
本として出版することは夢見ることもあるのですが、このままで、ひとりでも多くの方が読んでくだされば、それで本望なのです。でも、すてきな表紙絵を描いていただいて、店頭に並ぶのは、やっぱりあこがれますね。

月の戦士がとても大好きです。更新を待ちきれず、とうとう昨日と今日で伯爵の秘密を一気に読んでしまいました。ほんとうに素晴らしいです。本にして出版していただきたいです。これからも、楽しみにしております。

>梅(b^▽^)bさん
返信が遅くなりました。コメントありがとうございます。
「月の戦士」も、お読みくださってありがとうございます。
執筆の波、確かにありますね。つい数年前は、あれもこれも書いて、しかもブログをこまめに更新していたことを発見して、あの頃の元気さがなくなった自分が、年齢を感じてちょっとショックでした。

それに、「あれがしたい、これがやってみたい」という思いや、こだわりみたいなものが、自分の中からなくなりつつあるんですね。「ねえねえ、聞いて」という話題も出てこない。萌え不足というのかな。

いろいろ愚痴を聞いてくださって、ありがとうございました。ブログは、それでも読んでくださる方がおられるので、気楽に続けていきます。

 月の戦士、ゾクゾクしながら拝読しています。「なろう」さんで活動を始められたことを知り伺ったところ、夜叉往来を改稿しながら連日更新されていることを知りました。携帯サイトでの連載も抱え、こんなにも精力的に書けるなんて、と頭が下がる思いです。

 ブログが書けない、いいじゃないですか。今は執筆の波がきているのだと思います。一読者として、わくわくしながらサイトにお邪魔させていただいています。ブログは、余裕が出来た時にでも、気楽に書いていただければと思います。

梅(b^▽^)b拝