2019年3月28日

Adobe Flash Playerのサポート終了で

2020年にAdobe Flash Playerのサポートが終了することをはじめて知りました。
本当はかなり前(2017年7月)に発表された情報です。

わかりやすい参考サイトさまはこちら

なぜ今頃知ったかというと、昔ハマっていたスクエアエニックスの「ドラクエモンスターパレード」というブラウザゲームが終了するという告知がつい最近出たからなのです。

Adobe Flash Playerのプラグインは、すでに脆弱性が取りざたされており、ほとんどのウェブコンテンツは、すでにHTML5などほかのメディアへの移行が済んでいるそう。ただ、一部のブラウザゲーム(ウェブ上で基本無料でできるゲーム、アイテムなどに課金あり)や一部の広告では、いまだにFlashコンテンツを使用しているとのことでした。
スクエアエニックスほどの大企業が移行対策を考えていなかったとは考えられず、やはり人気の低下が本当の理由ではないかと穿った見方をしたくなりますね。

当サイトにもいくつかフラッシュノベルが置いてあり、Flash技術が使えなくなるとそのコンテンツが失われてしまうことになります。困惑もあるのですが、まあ2020年までにゆっくり対策を考えることとしましょう(ごみ箱ポイとなる公算大ですが。笑)

しかたのないことかもしれませんが、わずか数年や数十年で今まで使っていたメディア技術が使えなくなるのは悲しいですね。30年前に幼い息子たちの姿を撮ったベータビデオも、好きな音楽をダビングしていたМDも、自作小説のファイルを入れていたフロッピーディスクも、もう今は姿を消している。何百年か経ったとき、私たちの写真や音楽や小説は残っているのかな。もしかして、「失われた21世紀」なんて未来人に呼ばれてるんじゃないかと、少しSFじみたことを考えてしまいます。

200px-Floppydisk_90mm(3_5inch).jpg
↑なつかしい・・・(画像:Wikipediaより)

web拍手

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://butapenn.com/MT/mt-tb.cgi/1808

コメント

ご利用頂きありがとうございましたまた1969年には月面に降り立った最初の時計という栄誉を得ているため、耐久性の高い時計を求める人でも満足できるのが、オメガの利点と言えるのだ。
時計の精度コンクールで世界記録を樹立してこともあるため、デザイン性だけでなく狂わない時計としても購入する価値ある存在と言えそうだ。
オメガが現在でも人気を集めている理由はデザイン力、耐久性、価格、こういったところが主となっています。
コンステレーションなどのフェミニンなデザインも展開しているオメガは、他の高級時計と比べて女性のユーザが多く興味を持つ存在となっている。
安いと言ってもオメガの優れた耐久性が失われるわけでは無いため、これから高級腕時計を買おうとする人にとってはまさに一生付き合っていける最初の一本となるでしょう。
コミット銀座は、「相場がわかりづらい」と言われる中古腕時計市場において、「高く買い取り、安く売る」をコンセプトに掲げる時計店です。
2011年以降のモデルではオメガの自社製ムーブメントが搭載されるようになり、時針だけを1時間単位で調整可能というクロノグラフでは珍しい機能が備わった。
全製品が公認クロノメーターとなっている、オメガ至上初の自動巻時計である。
耐衝撃性、耐寒性、耐熱性などの厳しい試験にクリアしたオメガのスピードマスターは、アメリカ航空宇宙局の公認クロノグラフとして多くの宇宙飛行士に愛用される時計となっている。
安すぎる場合は部品や技術面で品質を落としている可能性があると疑った方がいいでしょう。
もちろん数百万円などの超高級モデルもあるのですが、安いモデルを選ぼうとすれば30万円前後で購入することも可能です。

コメントする