2012年8月 1日

ペンギンフェスタ2012閉幕しました

7月16日に閉幕し、そのあとは「後夜祭」と銘打って名残を惜しんでいた「ペンギンフェスタ2012」ですが、昨日をもって、完全閉幕しました。

今回は、テキスト部門41作品、競作部門11作品、ギャラリー部門11作品が集まりました。
前回の「ペンギンフェスタ2007」は、五ヶ月もの会期(プラス、一ヶ月の「あとのまつり」)がありましたが、今回は一ヵ月半でした。それでも、これほどたくさんの作品にエントリーしていただき、本当にありがたいです。
運営に関しても、会期前にメールサーバーの不具合があったものの、あとはまったくトラブルもなく、主催者として楽をさせていただきました。

さて、終わったばかりで気が早いといわれそうですが、さっそくまた数年後に「ペンギンフェスタ3」をもくろんでおります。
今回、震災および原発をに関する作品を呼びかけ、実際いくつかの作品を寄せていただいたのですが、やはり時期尚早であったことは否めません。
「再生」を語るには、まだあまりに早すぎ、人の心の傷はあまりに深すぎるのかもしれません。
そういう意味では、お祭りを終えた大きな満足感とともに、重い宿題を残してしまった。そう感じています。
いつか、「今」と思えるときが来たら、必ずまた「ペンフェス」を開催したいと思います。そのときは、どうぞ今回の参加者も、参加できなかった方も、よろしくお願いします。

BUTAPENN個人としては、中篇「プラットホーム」と短編「水妖精 ウンディーネ」で参加しました。
「プラットホーム」は、グループホームでの介護スタッフの物語で、私自身が認知症の家族を介護している体験がもとになっています。「ウンディーネ」は、山仙さんとの競作で、海を舞台にした「人魚姫」に似たファンタジーです。よろしければ、お読みになってみてください。トップの更新情報からどうぞ。

それと、「ペンフェス」の参加者K(吉田和代)さんから、「プラットホーム」の主人公ユルくんのイラストをいただきました。
pura.jpg
あとでギャラリーにも飾らせていただきます。ありがとうございました!

レギュラー作品の更新がとどこおっていますが、ぼちぼちと復帰したいと思います。しばらくは、ゆっくり更新になりますが、ご勘弁ください。

今年後半は 「オンライン文化祭2012 ―熱―」(主催:吉田和代さん)、アザーズプロット企画(OPP)(主催:恵陽さん)、「犬祭5」(主催:sleepdogさん)とお祭り企画が目白押しの予定です。そちらのほうも参加し、盛り上げていきたいです。

web拍手

2012年6月 1日

ペンギンフェスタ2012開幕

「地球・環境・自然」そして「再生」をテーマとするペンギンフェスタ2012が、開幕しました。

http://butapenn.com/penguinfesta2/

メールフォームの不備でご迷惑をおかけしたりしましたが、すでに二十作品が集まっており、感謝もうしあげます。

今日から7月16日まで、つまり会期中ずっと、参加作品を募集しています。小説・詩・エッセイ・イラスト・CG・写真・メディアミックスなんでもOK。

自然・環境をテーマにした作品とともに、東日本大震災・原発事故関連を題材にした作品も広く募集しています。ただ、あまりむずかしく考えずに、お祭りらしく、というのが主催者の希望です。

また「タイトル競作部門」として、「ペンギンが人類を死滅させた世界の物語」「ペンギンが世界を救った話」、それぞれに作品を募集しています。

参加方法は、ご自分で作ったページのURLを登録するだけ。投稿サイトからの参加もOKです。
過度に政治的・学術的な作品や、他人を誹謗中傷する作品はお断りすることがあります。

BUTAPENNなどは、途中まで書いたものを「連載第一回」と称して、堂々とアップしています(週一で連載していく予定です)。主催者がこんな調子ですから(笑)、皆さまもどうぞ気軽に、作品をお寄せ下さい。
すでに投稿した方も、他の参加作品を読んで触発されてもっと書きたくなり、ふたつみっつと応募してくださればいいなと思っています。

感想掲示板もすでににぎわっているようで、うれしいです。どうぞ作者と読者の交流がたくさん生まれますように。

山仙さんとBUTAPENNによる「五百文字の心臓」参加作品への投票も、そろそろ〆切りたいと思います。
ブログに再録してある中から、良いと思ったものにWEB拍手を使って投票してください。得票の多いものを、山仙さんあるいはBUTAPENNが短編・中編化して、ペンギンフェスタに参加します。
今のところ、「水溶性」「天空サーカス」ドミノの時代」が得票上位みたいです。

web拍手

2012年4月19日

「500文字の心臓」作品を再掲します

ブログを分けようが何をしようが、相変わらず更新しないことに変わりはないですな。
というわけで、何かサクサクと更新できるようなネタはないかな。

…と思ったら、ありました。

超短編競作サイト「超短編・500文字の心臓」への参加作品を、こちらに再掲することにします。これは数年前から、山仙さんとふたりで共同執筆しているものです。
今までもページはちゃんと作っていたのですが、かなりデッドスペースになっていたし、こちらのほうが、読者のお目に触れる機会が増えるのではないかと。

加えて、「ペンギンフェスタ2012」の企画のひとつとして使おうということにもなりました。
つまり、

読者のみなさまに、良いと思った作品に人気投票していただき、得票の多いものを、山仙さんおよびBUTAPENNが書き直して短編・中編化して、ペンギンフェスタに参加するというものです。

話が広げやすい作品はもちろん、そうでない一発ネタ的な作品でも、山仙さんがなんとかすると思いますので(おい)、自由に無責任に投票してください。コメントなどもお待ちしております。
さっそく明日から順次掲載します。

さて、肝心のペンフェス2012ですが、5月1日に作品募集のメールフォームを解禁します。
開催は6月1日から、作品募集は閉幕当日の7月16日までという、ゆるーい企画ですので、ぜひ参加・参加表明をお願いいたします。
くわしい要項は、http://butapenn.com/penguinfesta2/ をご覧ください。

また、ペンフェスについての情報をつぶやく専用ツイッターも設けましたので、butapenn2012 をフォローしてください。

web拍手
1