テキスト部門(小説・詩・エッセイ)

        最新更新へジャンプ!


花粉病 by  迅本 洋

花粉病に関するあれこれ。あまり深く考えずにまったりと読んで頂ければ幸いです。(※花粉症撲滅に努力を続ける人々を茶化すものではありません)


大地母神への祈り by  芹沢優希

【PG12】砂漠だらけで死の星と化した地球を捨て、人類は月や火星に移住してしまった未来の世界。地球を創造した者たちは、そんな人間に失望しとある罰を下そうと決意する。それは同時に大地母神=地球の再生へとつながる長く苦しい罰を。


Atelier d'Abel (アトリエ・アベル) by  綿子

傷ついた大切な本を修繕すべく、ウィリアムは友人に教えられたアベルの工房を訪ねた。紙と糸と革で埋め尽くされたその工房は「ルリユール」職人の仕事場だった…。


眠り姫 by   中井かづき

大災害により陸地の殆どを失った水の星、地球。月生まれ、月育ちのほたるは、幼馴染のユーリに誘われて地球見学ツアーに参加する。人工島でほたるが目にした地球は……。(作者さまのお申し出があり、リンクをはずしました)


『再生』  by  ジャッカロープ

突き付けられる、『再生』という課題。ペンを握る少女は、苦悩の果てにどんな答えを見出すのか――


果断剣 海鳴り by  藤茶葉小平

浜で魚を獲って暮らしている阿照銀平はある日、岩場で奇妙な生き物を見つけ、助ける。生き物は銀平から離れようとせず、仕方なくひとりと一羽の暮 らしをはじめる。そんな銀平のもとに、過去の因果が巡り、襲いかかってきた。SF時代劇。


福井へ by  宣芳まゆり

2012年1月,私はわが子を連れて福井へ帰る.半分だけエッセイ,半分だけ小説です.


ひも付きロボット by  みずきあかね

天涯孤独な博士は、一体のロボットを作りました。そのロボットの足には、電源用のひもがついていました。


黄金の日々 by  みずきあかね

訳あって山奥で暮らす木こりのところに、雨宿りをするために訪れた役人。役人は山奥に金を探しに来たという。


魔王の死 by  ページのP

前世からひきずる呪いのせいで、生きていても楽しいことなんて何にもないと思っていた少女のお話。


恋をすると by  鹿の子

恋が地球を救う? まさかと思わず、ご一読を。「地球・環境・自然」をテーマにした詩です。


足音 by  鹿の子

一歩一歩、再び歩き出そうといった思いを描きました。「再生」がテーマです。


プラットホーム by  BUTAPENN

ここは、新しい世界に旅立つ前に、立ち止まってひととき憩う場所――グループホームで働く若者が見た、人生の黄昏に起きる奇跡の物語。全十回。


クールー美人 by  tomoya

2005年に始まった「クール・ビズ」にまつわる話。国際政治学を受講している学生のレポートであります。ホワイトピン・アクションを応援いたします/


従者の結婚 by  綿子

優秀な将軍と、優秀な従者による、片思いの午後


夏の匂い by  招夏

夏の匂いがすると私はそわそわする。再生する為には一旦失わなければならないからだ。とても大切にしていたものなのに……。でも私は前進する。次の季節に向かって……


水底の島 by  和泉あかね

【R15】再生ということを頭に置いて、まじめな明るい話を書いてみました。プラネタリウムで見た星空があまりに綺麗だったので、思い出したりしながら、書きました。


廃屋の記憶 by  まあぷる

☆男がふらりと立ち寄ったバーの女マスターは、恐い話を聞かせてくれれば勘定をタダにすると言う。彼は子供の頃の恐ろしい体験を語り始めた。(原稿用紙14枚)


ペンギンくん、白亜紀の恐竜と共生をもくろむ! by  tomoya

生存(再生)戦略ー! 地球と共にゆっくり生温く生き抜こう!……という感じのファンタジックエッセイのつもり。(×やや堅め)


票決 by  いすず

月面基地建設のために、大人たちはみな出稼ぎに行ってしまった――残された田舎でのほのぼの四人きょうだい話。/家族愛ベース、鳥成分多めのライトな生物系SFです。


贖罪大冒険 by  鈴木真心

そこそこ満足した人生の終幕を迎えたはずのわたしは、気づけば切り立った崖の前にいた。現状を理解出来ずにいると、突然、目の前に現れた彼女はこう言った。「もーちょー遅いんですけどー!」


カントコトロ by  泉水藍夏

地球が有毒ガスで覆われ、空が失われた未来の話です。


葉桜の展望台で by  菜宮 雪

【PG12】恋愛がらみの愛と再生の物語。ちょっぴり環境問題提示あり。「俺の家族はちょっと変」。初めて彼の家に訪問する直前、彼は私にそう言った。全11話。


天穹に詩う by  GB

異世界FT。癒やし手見習いの娘が出会ったのは、落ちこぼれの魔術師だった。原稿用紙換算59枚。


空飛ぶ姉妹 by  ナノハ

近所へ引っ越して来たという姉妹は、登校中の甚太にあれこれとおかしなことを話しかけてくる。ある日、二人に用事を頼まれた甚太は、お礼に空を飛ばせてあげると言われ…。ほのぼの現代ファンタジー。前後編。


桜について by  はやみかつとし

あれ以来、桜はまったく違ったものとして目に映るようになった気がします。私たちがほんとうに桜をまた愛することができるようになるのはいつなのか−−それを思いつつ。


最後の贈り物 by  まあぷる

【PG12】トランクに入れられた少年、ノアを助け出したデビィ。殺された彼の両親が残した最後の贈り物を取り戻す為にデビィとレイは一肌脱ぐことになる。「デビィ&レイ」シリーズ最新作です。


ペンペン協奏曲 by  天川さく(ヨルツキ)

プチ氷河期を迎えたいま、言葉を喋るミスター・ペンペンが統括する南極大陸が地球資源のより所で。交渉役は白瀬隊長。ミスター・ペンペンと白瀬隊長の交渉はいかに?


小さな冒険〜水の旅日記〜 by  K.S

日常生活の中で、一番身近な「再生」である、水の再生、つまり下水道をテーマにした作品です。なお、作品中に実際の下水処理場の写真があります


Beautiful This Earth by  天川さく(ヨルツキ)

紺色の長い髪をたなびかせ、ライフル背負ってやって来た男の任務は――世界を終わらせること。ダイチとソラの言葉もむなしく、男は世界に引き金を引く――。短編SF。


映画「ペンギンボーイとダチョウガール」 by  第51代くましろ

203×年、南極先端にスーパーペンギン(オス)が現れた。時を同じくして某結社がスーパーダチョウ(メス)を生み出した。この凸凹コンビは魔の手から仲間を守る事ができるのか? あるいは勝手に暴走するのか。


眠れる姫と星の神 by  モギイ

悪夢に悩む私は憧れの主治医の診察を受ける。彼に食事に誘われ幸せな気分に浸ったのも束の間、私を待ち受けていたのは冷たい現実だった。


割れたカップ by  宣芳まゆり

異世界トリップした女子高生の,幻獣保護区での穏やかな日常.そして穏やか過ぎて,ほとんど進展しない恋.「リオノスの翼」の番外編です.


水の物語:すいようせい by  山仙

はたしてペンギンは何処で出て来るのか? そこがミステリー・・・ではないですね? リクエスト企画の山仙版です。


水妖精 〜ウンディーネ〜 by  BUTAPENN

ペンギンは出てきます。だからハッピーエンドです。きっと。「ぶた仙」名義の「500文字の心臓」作品リライト企画のBUTAPENN版です。三回連載。


環境再生者 by  綿子

500文字ちょうどの超短編。小学生の弟と高校生の姉の、ある夜の出来事。


星は謳う by  koharu

終戦間近の頃。弘幸は《いわくつき》の宝物を疎開させよとの命令を受けた。 『水面に映るは・・・』スピンオフ。5回連載。


 by  透水

詩です。テーマは「自然」。


海神 by  第51代くましろ

小説に重病人を出したくは無かったのですが、過労問題を扱うには避けられなかったので、最小限の表現で入れました。トラウマのある方には予めお詫び申し上げます。前後編。


知らない夜 by  透水

いつもと違う夜、外に出てみた人の話。原稿用紙5枚程度のショートショートです。


ペンギン・マター by  迅本 洋

水曜日に拾ったペンギンは、日本語が話せた。 ――地球に不時着した宇宙ペンギンのルルと、緒方一家が織り成す、ひと夏のジュブナイル物語。 全7回連載

募集は〆切りました。たくさんのご参加をありがとうございました。